マイクロCRF注入(若返り)のブログ一覧

割れ顎の治療経過 mCRF 術後1.5ヶ月

こんにちは。 THE CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は割れ顎治療の経過をご紹介させていただきます。 割れ顎治療はプロテーゼ挿入、ヒアルロン酸注入、脂肪注入といった治療法があります。 プロテーゼは1回の手術で効果が出ます。しかし人工物であるため感染が起きると取り出す必要があることや経年での劣化や変形などが起きる可能性はあります。 ヒアルロン酸は吸収されるためその都度注入が必要になります。シミュレーションのためやどうしても手術などは怖いといった方にはいいと思います。 どれもメリットデメリットがあり、どれが一番とは断言できませんが、当院では脂肪注入をお勧めしています。 脂肪は定着すれば自分のものになるため半永久的に残ります。 ただ、定着の問題で何回か注入が必要になってくることがあります。 今回は術後1.5ヶ月の経過になります。 保管していただいているので後日2回目を注入する予定です。   割れ顎の溝は大分浅くなりました。 1回の治療でもご覧の通り効果はありますが、2、3回注入を行った方が満足度の高い結果になると思います。 また2回目注入後の経過は追ってご紹介させていただきますね。 ご参考になれば幸いです。

クマ治療 mCRF

こんにちは。 THE CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は30代女性 クマ治療(目の下mCRF)のご紹介をさせていただきます。 一言でクマといってもクマには種類があります。それについては後日投稿しようと思いますので少々お待ちください。 クマでずっと悩んでいたとのことでご来院いただきました。 この方の状態としては影クマと赤クマの混在している状態です。 影クマがあるので脱脂も行っても良いですが、脂肪の飛び出し自体は少ないため注入のみでも改善を見込めることと脱脂までの希望はなかったため、注入のみで治療しています。 赤クマは皮膚の下にある眼輪筋が透けて見えているクマです。 影クマには溝になっている凹んだ部分に、赤クマには皮膚と眼輪筋に間にそれぞれmCRFを注入しました。 術前、術後1ヶ月の比較です。 溝の陥凹と皮膚の色調が改善して、影クマと赤クマが良くなっていますね。 今のままでも改善してますが、もう一度注入するとさらに良くなりそうです。 この方はSRF保管していただいているので今後、追加や額、こめかみ、頬コケ改善などにも注入していく予定です。 また追ってご紹介させていただきますね。 参考になれば幸いです。  

LINEで個別相談する

モニター募集/定価から最大50%OFF

無料カウンセリング予約 ドクターが診察します