石塚紀行 美容外科医ブログ|THE CLINIC(ザクリニック )|4ページ目

ハンドリバイブ 術後1ヶ月

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 今日は以前ご紹介した50代女性、ハンドリバイブを受けていただいた方の術後1ヶ月経過をご紹介します。   内出血はなくなり、浮腫は大分落ち着きました。ご本人としてはちょっと浮腫んでる感じがある日があるかなという程度です、もうそこまで気になりませんとのことでした。 コンプレックスがなくなりとても気に入っています!と喜んでいただけました。 ご参考になれば幸いです。

コンデンスリッチ豊胸

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は20代女性のコンデンスリッチ豊胸をご紹介させていただきます。 下着はC cupだけれど着けた際に隙間があるためボリュームが欲しい、ピタッとした服を着た時の膨らみが欲しいとのことでした。 採取は太もも内側と外側の2部位からしています。陸上をされていたこともありやや筋肉質の方でしたが、2部位からCRFは403cc作成できて左右200ccずつ注入できました。 術前と術直後の写真です。 術直後なので仰向けの写真になります。 上の削げ感の改善をメインに、全体的にボリュームアップするよう注入しています。 術直後なので腫れ、内出血があります。 術後経過はまたご紹介させていただきますね。

太ももベイザー脂肪吸引

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は20代女性太ももベイザー脂肪吸引の術後2ヶ月目の方をご紹介します。 太ももの内側と外側を吸引しています。 比較です。 内側には隙間ができ、外側の張り出しがなくなったことでスッとしたラインになり脚も長く見えるようになっていますね。 また後ろから見て、外側の張り出しがなくなったことでお尻が小さく、キュッとした印象に変化していますね。 ご参考になれば幸いです。  

コンデンスリッチ豊胸

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は40代女性コンデンスリッチ豊胸を受けていただいた方をご紹介させていただきます。 授乳後からの削げ感とボリュームアップしたいとのご希望でした。 太ももの前側と内側の2部位から採取しています。細身の方でしたが370ccのCRFが作成できました。 削げ感改善をメインに形を整えるようにして注入しています。同時に乳頭縮小もしています。 術前、術後(術直後)比較です。 術前の状態です。(仰向けに寝ている状態になります) 術直後です。 鎖骨の浮き出た感じと削げ間がなくなっていますね。 視点を変えての比較です。 細身の方で2部位採取して185ccずつの注入になりますが、形を整えるように注入することで削げ感を改善でき若返ったバストになれます。 術後1ヶ月でまた来ていただくのでまた後ほど紹介させていただきますね。    

8月勤務表

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 8月の勤務表ができましたので載せておきますね。 名古屋、大阪院で勤務しております。 お気軽にお問い合わせください。

ハンドリバイブ 術後7日目

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 本日は先日ご紹介した、ハンドリバイブを受けていただいた方の術後7日目の経過です。 術前と術後7日目の比較です。   手の筋張った感じや血管の浮き出しはなくなり、若返っていますね。 直後よりは腫れが引いてきていますが、まだ腫れが残っている状態です。 少し黄色がかっていて内出血もまだあります。 採取部は下腹部になります。 採取部もまだ少し内出血があります。傷は臍の中1箇所のみで吸引しているので傷痕はまずわかりません。 手の傷も注入のための針穴程度なので傷痕はできません。 1〜3ヶ月程度で脂肪も定着して徐々に腫れも引いてきます。 1ヶ月後の診察にもお越しいただく予定なのでまたご紹介させていただきますね。

コンデンスリッチ豊胸 術後7日目(内出血のある画像があります、苦手な方は閲覧にご注意ください)

こんにちは。 THE CLINIC 形成外科専門医 石塚 紀行です。 今日は以前にもご紹介させていただいた、20代女性のコンデンスリッチ豊胸の術後経過をご紹介させていただきます。 術後7日目になりますので内出血があります。 術前との比較です。 左右差があり右が左と比較してボリュームが少なかったため左右のバランスが取れるように工夫して注入しています。(右230cc,左200cc) 次は採取部の比較です。 太ももの内側と外側から採取しています。 まだ7日目で内出血と浮腫がありますが今の状態でも外側の張り出しが少なくなり、内側にも隙間ができていますね。 ここから内出血と浮腫は改善してきますので、楽しみですね。 バストにもまだ内出血と浮腫があるため、ここからもう少しサイズダウンします。 次は術後1ヶ月でエコーと診察に来ていただく予定です。 また経過はご報告させていただきますね。 術後ダウンタイムの参考にもなれば幸いです。  

学会に行ってきました

こんにちは。 THE  CLINIC 形成外科専門医 石塚紀行です。 今更感がありますが、5月26,27日に行われた日本美容外科学会に行ってきた時の写真をあげてみました。 日本美容外科学会には2つ種類ありますが、ご存知でしたか? 日本美容外科学会(JSAS  Japan Society of Aesthetic Surgery)と日本美容外科学会(JSAPS JapanSociety of Aesthetic Plastic surgery)です。 2つの違いは?というと成り立ちと構成などに違いがあります。 ざっくり説明すると JSASは医師免許を持ち、会員の推薦を受けた有志医師によって構成されています。 JSAPSは日本の医師免許並びに日本形成外科学会正会員の資格を有し、当法人の目的に賛同したものとされています。(申し込みには正会員歴5年以上1人と評議員1人の推薦も必要です。)あと、国際美容外科学会(ISAPS)に認められた日本で唯一の学会とも記載されています。 詳しくは各HPに記載されていますので、ご参照くださいね。 私は日本形成外科学会正会員と認定専門医を持っており、JSAPSは入会申請済みで現在承認待ちです。 今回参加したのはJSASの方になります。 SNSなどで知り合った先生方ともお会い出来たりや聞きたかった発表も聞けてとても勉強になりましたし、刺激になりました。 教科書や論文などでも知識はアップデートできますが、やはり学会などで議論されているのを聞いたり、意見を直接交換し合うというのはいいものですよね。 東海地方美容外科繋がりの中村先生と大口先生と。私は真ん中になります。    

ハンドリバイブ

こんにちは。THE CLINIC 形成外科専門医の石塚 紀行です。 本日はハンドリバイブ(手の若返り手術)をご紹介させていただきます。 昔から血管は見えていたけれど、歳をとってさらに目立つ様になり相談に来院されました。 お母さまもおばあ様も同様であったので自分もこれからもっとシワと血管が目立つと思うので若返りたいとのご相談でした。 CRF(コンデンスリッチファット)を手の甲の皮膚と血管の間に注入することで若返らせる治療がハンドリバイブになります。 まずは脂肪を採取していきます。下腹部から採取しました。 CRFにして指の間から注入していきます。 血管を傷つけないようにして皮膚と血管の間に注入してきます。 術前、術後の比較です。 直後なので内出血と腫れはあります。 血管の浮き出しとシワも改善されて若々しい手になりましね。 1週間後に抜糸に来ていただくのでまた経過をご報告させていただきますね。

コンデンスリッチ豊胸

こんにちは。THE  CLINIC 形成外科専門医の石塚紀行です。 本日はコンデンスリッチ豊胸の手術を担当させていただきました。 大腿の内側と外側から脂肪を採取して、バストへ注入しています。 左右差も気になっているとのことで右に少し多く注入して調整しました。 採取した脂肪です。 下の写真のようにCRF(コンデンスリッチファット)という遠心分離機にかけて濃縮した脂肪だけを注入します。 注入前と注入後の比較です。 全体的にバストが大きくなったのがわかりますね。 直後なので腫れと内出血があります。 1週間後に抜糸に来ていただくので、また経過を載せていきますね。  

LINEで個別相談する

モニター募集/定価から最大50%OFF

無料カウンセリング予約 ドクターが診察します